相模原市の訪問眼科こうのクリニック

お気軽にお問合せ・ご相談ください
042-766-0770
FAX番号
042-766-0880
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大


近視、遠視、乱視

近視、遠視、乱視とは

近視、遠視、乱視のイメージ写真

最近のカメラは自動でフォーカスが合うように調整し、最もピントが合ったところでシャッターを切ってくれます。このオートフォーカスがうまくいかないとピンボケの写真になってしまいます。目はカメラに例えられますが、眼球にもこのオートフォーカス機能が備わっています。しかもカメラよりもずっと高性能です。目は角膜と水晶体に光を通すことで網膜にピントの合ったきれいな映像を映し出します。きれいな映像が得られない理由は大きく2つあります。一つは眼球の前後の長さが正常よりも長かったり短かったりすること、もう一つはピントを合わせる機能を持った水晶体がうまく働かないことです。

近視はピントが網膜よりも手前にあってしまう状態です。眼球の長さが長すぎたり、角膜や水晶体の屈折率が強すぎたりすることが原因です。
逆に遠視はピントが網膜よりも後ろにしかあわない状態です。眼球の長さが短すぎたり、屈折率が弱すぎたりすることが原因です。

乱視は角膜や水晶体のゆがみが原因で起こります。目が理想的なレンズであれば理論上乱視は発生しないのですが、多少のゆがみがあるのが普通です。ゆがみがあることで焦点が一つに定まらなくなり、像がぼやけてしまいます。通常は近視や遠視と同様に眼鏡等で補正できますが、角膜の病気などで生じる不正乱視の場合は完全に矯正することは難しくなります。

Clinic Detail
クリニック概要

医院名
相模原市南区の訪問眼科こうのクリニック
TEL
042-766-0770
FAX
042-766-0880