鼻涙管狭窄症・閉塞症|相模原市の訪問眼科こうのクリニック

お気軽にお問合せ・ご相談ください
042-766-0770
FAX番号
042-766-0880
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大


鼻涙管狭窄・閉塞症

鼻涙管狭窄・閉塞症(流涙症)とは

鼻涙管狭窄・閉塞症(流涙症)のイメージ写真

 涙は上まぶたの外側にある涙腺というところから分泌されます。分泌された涙は目の表面を覆って、目頭にある涙点と呼ばれる穴から排出されます。穴の奥には鼻涙管と呼ばれる管があり、鼻からのどへと涙が流れ出る仕組みになっています。
 鼻涙管が狭くなったり詰まったりしてしまうと、涙が鼻へ抜けられなくなり涙が瞼の外にあふれるようになります。

症状

 涙道が詰まると、常時涙が溢れるようになります。いつも涙を拭いていなければならず、目のふちがただれたり、うるんで見えにくくなったりします。
 目ヤニなどもたまりやすくなり、ベタベタする違和感を自覚することもあります。

治療

 目ヤニがたまっているときには、まずは涙点から水や薬を注入して洗浄します。狭くなっているだけならこれで改善することもあります。改善が得られない場合は、手術をして狭窄部を拡張したり、閉塞部を開放したりする必要があります。

Clinic Detail
クリニック概要

医院名
相模原市南区の訪問眼科こうのクリニック
TEL
042-766-0770
FAX
042-766-0880