相模原市の訪問眼科こうのクリニック

お気軽にお問合せ・ご相談ください
042-766-0770
FAX番号
042-766-0880
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大


硝子体出血

硝子体出血とは

眼球の中に充満しているゼリー状の物質を硝子体と呼びます。眼球内からの出血がこの硝子体の中に拡散した状態を硝子体出血と呼びます。

原因

原因は非常に多岐にわたります。生理的な現象である後部硝子体剥離に伴って生じる場合もあれば、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などの血管の循環が悪くなる病気に併発して起きる場合もあります。加齢黄斑変性症や網膜細動脈瘤の破裂、網膜剥離、くも膜下出血なども原因となりうる病気です。

症状

硝子体出血の見え方イメージ
硝子体出血の見え方イメージ

硝子体は光を通すために血管のない透明な構造をしていますが、ここに血液が混ざることで光の通りが遮られてしまいます。霧がかかったように見えたり(霧視)、黒い点が無数に見えたり(飛蚊症)します。出血量によっては視力の低下を伴います。

治療

出血の原因とその治療状況や網膜剥離の有無により治療は異なります。網膜剥離もなく出血量も少なければ自然吸収を待つこともあります。出血の原因疾患が不明であったり、網膜剥離が否定できなかったり、出血量が多かったりする場合には、積極的に手術治療を行って出血を除去し、原因疾患の治療を行う必要があります。

Clinic Detail
クリニック概要

医院名
相模原市南区の訪問眼科こうのクリニック
TEL
042-766-0770
FAX
042-766-0880