糖尿病網膜症|相模原市の訪問眼科こうのクリニック

お気軽にお問合せ・ご相談ください
042-766-0770
FAX番号
042-766-0880
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大


糖尿病網膜症

糖尿病と糖尿病網膜症について

糖尿病のイメージ写真

 糖尿病は生活習慣病の一つですが、血液中のぶどう糖が過剰になり、全身の血管が障害されます。糖尿病は神経、腎臓、目に合併症を引き起こします。このうち目に起きるものを糖尿病網膜症といいます。網膜の細い血管が障害されることで出血などを引き起こすものです。進行すると失明の可能性もある非常に怖い疾患ですが、初期には全く自覚症状はなく、自覚症状が出た頃にはだいぶ進行してしまっていることが多いです。

定期的な眼科受診を

 糖尿病網膜症が出てくるには、糖尿病になってから数年~10年程度の時間がかかります。糖尿病になったからと言って、すぐに目に異常が生じるわけではありません。目に異常のない期間は血糖のコントロールが最も大切です。とはいえ、網膜症は自覚症状の乏しい病気ですから自覚症状が全くなくても糖尿病の患者さんは定期的に眼科を受診し、検査を受け続けることが大切です。

 

治療

 糖尿病網膜症は程度によって治療法も異なります。初期の場合には内科的な血糖コントロールを優先し、自然に軽快することを待ちます。中等度から重度まで進行した場合は必要に応じてレーザー治療や注射のほか、手術治療を行います。

Clinic Detail
クリニック概要

医院名
相模原市南区の訪問眼科こうのクリニック
TEL
042-766-0770
FAX
042-766-0880