相模原市の訪問眼科こうのクリニック

お気軽にお問合せ・ご相談ください
042-766-0770
FAX番号
042-766-0880
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大


黄斑上膜

黄斑上膜とは

黄斑上膜とは、網膜の上に薄いセロハンのような膜が張り付いてしまう病気です。網膜はカメラでいうところのフィルムの役割をしていますが、特に網膜の中心にある黄斑は物体の形を鮮明に感じ取る部分です。この上に余計な膜がかぶさった状態になり、膜が縮むことで網膜にしわがよってしまうこともあります。

症状

黄斑上膜の見え方イメージ
黄斑上膜の見え方イメージ

膜が薄く、しわが寄っていない場合には自覚症状に乏しいこともありますが、セロハン膜を通してものを見ることになりますので、視力低下をきたします。また、網膜にしわが寄る状態になると、ものが歪んで見えるようになります。

治療

目の中の膜は点眼薬で消えることはありません。また、眼鏡をかければゆがみがなくなるということもありません。唯一の治療法は網膜の上にある膜を手術で取ることです。手術のタイミングは視力低下やゆがみの症状が強く、患者さんが不自由を感じたときです。

Clinic Detail
クリニック概要

医院名
相模原市南区の訪問眼科こうのクリニック
TEL
042-766-0770
FAX
042-766-0880