相模原市の訪問眼科こうのクリニック

お気軽にお問合せ・ご相談ください
042-766-0770
FAX番号
042-766-0880
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大


生理的飛蚊症

生理的飛蚊症とは

生理的飛蚊症のイメージ写真

飛蚊症とは、視界にゴミとか糸くずのようなものが飛んでいるように見える症状のことです。形も大きさも様々で、目を動かすと一緒に動きます。
眼球の中には硝子体というゼリー状のものが詰まっています。硝子体の99%以上が水ですが、一部線維を含んでいます。若いときは硝子体と眼球の内壁が接着していますが、年齢が進むと接着が外れて(後部硝子体剥離)線維の塊が眼球の中をふわふわと漂う状態になります。この線維の塊が網膜に影を落とし、飛蚊症として認識されます。
後部硝子体剥離は生理的変化ですが、この現象と共に網膜裂孔や網膜剥離など別の病気を引き起こすことがあるので、飛蚊症を自覚したときには眼底検査を受ける必要があります。

治療

目の中の線維の塊は勝手に消えることもありませんし、お薬で消すこともできません。白い壁や青空などの明るい場所を見ると自覚しやすいですが、時間が経過すると次第に気にならなくなってきますので時間の経過を待つのが一般的です。ただし、ほかの疾患の管理上、混濁が問題となる場合には手術を行うこともあります。

Clinic Detail
クリニック概要

医院名
相模原市南区の訪問眼科こうのクリニック
TEL
042-766-0770
FAX
042-766-0880